既存店の事業に雑貨・オリジナル商品・輸入品などの売上をプラスしたい方に。マネしたくなる簡単な方法を配信!

副業物販・プラス物販を提案する【物販ハイスクール】

未分類

■■【経営者として相手が望んでいることを察する重要性】

投稿日:

ALOHA!

物販ハイスクールの的場です。

今週は体調が悪く
メルマガを配信していませんでした。
熱もなく、ただの疲れとストレスです。

夏も終わりですね。
今年は一度も海に行ってません。
夏に海に行かないのは20年以上ぶりです。

知らず知らずに日常が変わり
環境変化がストレスになります。

落ち込んでいるときに誰かの一言で
一気にどん底に落とされることもあります。

相手はそのつもりはなくても
こちらがそう感じいればストレスの原因です。

そして腫れ物に触らないように
距離を置いて当たり障りのないように振る舞います。

それが余計にストレスを与えます。

昨日はスタッフの人生相談をしていました。
ニコニコ話をしていてもいろんなことがあります。

環境変化によってストレスがたまらないように
頑張ってほしいです。

コロナ禍でお客様が来ない状況が続いています。
これはかなりストレスです。

どうやったらお客さんが来るのか?

答えは、
徹底的に感染防止対策を打ち出すことです。

お客さんが出歩かない理由は
コロナに感染したくないからです。

感染したくない人に対して、
キャンペーンをやったり、
値下げをしたりしても効果はありません。

キャンペーンや値下げに反応して出歩く人は
そもそも感染したくないと思っていない人です。

つまり、感染しやすい人を
呼び込んでいることになります。

またキャンペーンや値下げなどを打ち出すと
混雑していることを予想させます。

混雑することは感染したくない人にとっては
最悪な状況であり、行きたくないお店になります。

この悪循環に気づかずに
お弁当半額
デカ盛りキャンペーン
などとして
普段から何も気にせずに出歩く人たちを
感染リスクの高い人たちを
呼び込んでしまっています。

そして忙しくなり、お客様が戻ってきている
と喜んでいますが、利益が残らず
自粛要請が発令されるとまたお客様が来なくなります。

今世の中の人が出歩いていないほとんど理由は
「感染したくないから」です。

そのニーズに応えることが大切です。

お客様が少ないのに
席数をそのままにしています。

美容室なら、
感染防止のため
「予約優先・貸し切りでのご利用となります。」
「換気・消毒のためお客様がご利用後
30分間は次の予約ができません」
スタッフの毎日の検温票と健康チェック表を貼り出す

飲食店ならテーブルに
「感染防止のためご利用できません」
「食事中の会話はお控えください」
「会話の際にはマスクを着用してください」

こうした対策をすることによって
この店は安心だと思って来店してくれます。

この情報を告知・宣伝する方が
感染したくない人にとっては
来店のきっかけにつながります。

コロナ禍では、安いお店よりも
高級店の方が感染しにくいと
いうイメージがあります。

GoToキャンペーンでは
高級旅館・ホテルが前年比越えで
格安旅館は前年比30-40%でした。

新橋の居酒屋はお客さんが減り、
会員制や予約が取れない高級料理店は
変わらず人気です。

相手の気持ちになって
ニーズに応えられるサービスを提供しましょう!

頑張っていきましょう!
ONE TEAM!

令和2年8月28日
物販ハイスクール
的場栄一

-未分類

Copyright© 副業物販・プラス物販を提案する【物販ハイスクール】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。