既存店の事業に雑貨・オリジナル商品・輸入品などの売上をプラスしたい方に。マネしたくなる簡単な方法を配信!

副業物販・プラス物販を提案する【物販ハイスクール】

売上アップ術 物販術

■■【成功する仕組みについて その2】

更新日:

ALOHA!

物販ハイスクールの的場です。

近所のファリミーマートで
従業員が感染したとニュースになっていました。

駅の反対側のお店ですが
完全に同じ商圏です。

さらに区内の小学校の児童が
コロナに感染していたことが判明しました。

コロナの恐怖が現実になってきました。

発覚したときにはすでに遅いと言う
このウイルスの恐怖です。

すでに蔓延している可能性もありそうです。

そのせいか、昨日もお客様数が半減しました。
また厳しい状況が続きそうですね。

頑張っていきましょう!

--------------------------------
緊急企画
新時代の既存店売上の底上げビジネス
--------------------------------
コロナ禍でも売上を伸ばしている業種が
小売物販です。
私は、雑貨店経営しておりますが、
4月から6月にかけて売上記録を更新しました。

こうした実績は、コロナ禍の営業自粛下でも
売上が作れると注目を浴びて
飲食店、美容室などで、店舗売上を上乗せする
次世代新ビジネスとして問い合わせが多いです。

既存の店舗経営をしながら、店内で物販を
始めることで、席数に限らず売上を伸ばせます。

方法は、2つ。

(1)女性にも人気のハワイアン雑貨を仕入れて
お店で売りたい方はこちら↓

既存店売上上乗せプロジェクト2020年特別申込みページ

(2)小売りノウハウを1から学んで
自分の好きな商品を見つけて小売り事業を
スタートしたい方はこちらから↓(初回500円)

物販ハイスクール2


=======================

昨日は成功する仕組みについてお話ししましたが

・行列ができてるお店
・たくさんお客さんが来店しているお店

が、必ずしも成功しているお店とは限りません。
マネをする際に注意して欲しいので
昨日のメールに追加して、今日はお話しします。

行列ができていれば繁盛店でしょー。

と思うかもしれません。
しかし、そんな繁盛店が突如
「閉店のお知らせ」
と、張り紙をしているのを見たことはありませんか?

30年以上続いていた地元の焼き鳥屋が
コロナの影響で、今年の5月に閉店しました。

30年以上続いたお店がコロナの影響で
4月の自粛要請から計算すると
たったの、1ヶ月間で閉店です。

そのお店は家族経営で、
家賃も7万円以下の小さな店舗です。

給料や支払いがほとんどないにもかかわらず
1ヶ月で倒産してしまう原因は
薄利多売にあったのです。

焼き鳥すべての種類が一本80円です。

平均的な仕入れを想定すると
原価率は50%以上です。

繁盛しているように見える店舗でも
実はスレスレの経営をしていることが多いんです。

つまり、行列ができているお店を
マネしても成功するとは限りません。

利益がしっかりと残っていて
今回のような未曾有の危機でも
しっかりと売り上げを確保できる、
経営を続けていくことができる
店舗をマネすることが大切です!

どんな店舗をマネすればいいのか?
明日はお話したいと思います。

一緒に頑張っていきましょう!

ONE TEAM!

令和2年7月12日

物販ハイスクール
的場栄一

---------------------------------------------------
飲食店、美容室、エステサロンの売上を
更に伸ばすこれからの時代の新しいやり方
---------------------------------------------------
既存の店舗経営をしながら、店内で物販を
始めることで、席数に限らず売上を伸ばせます。

方法は、2つ。

(1)女性にも人気のハワイアン雑貨を仕入れて
今すぐお店で売りたい方はこちら↓

既存店売上上乗せプロジェクト2020年特別申込みページ

(2)小売りノウハウを1から学んで
自分の好きな商品を見つけ小売り事業を
スタートしたい方はこちらから↓

物販ハイスクール2

-売上アップ術, 物販術

Copyright© 副業物販・プラス物販を提案する【物販ハイスクール】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。