既存店の事業に雑貨・オリジナル商品・輸入品などの売上をプラスしたい方に。マネしたくなる簡単な方法を配信!

副業物販・プラス物販を提案する【物販ハイスクール】

売上アップ術

■■【店舗売上を伸ばすために必ずしなければならないこと】

投稿日:

ALOHA!

物販ハイスクールの的場です。

日曜日の練習疲れで、
昨日はジムで軽いジョギングをしました。

そして、夜はハリ治療です。
先生がいろんな治療を考えてくれて
昨日は、腕にハリを打ちました。
治すためだ!と思っていても
毎日打っていても、、ハリは苦手です。

小さい頃から注射も大嫌いです。
保育園の時は注射が嫌で脱走しました(笑)

その後、見つかって、、
ただその後注射をしたかどうかは覚えていません。
逃げ出した記憶しかないです。
不思議ですね。

ということで今日も頑張っていきましょう!

=======================

新型コロナウイルス自主期間中でも
売上を伸ばした経営者が提供する物販ハイスクール

今なら【初月500円】
scrum-pro.com/pg/shs/

=======================

さて昨日は失敗する人例として、
1.配布時期を間違えている
2.配布枚数を間違えている
3.1、2回しか配布しない
4.データを取っていない
5.クーポンの内容がよくない
を紹介しました。

今日は、
2.配布枚数を間違えている
3.1、2回しか配布しない
4.データを取っていない
についてお話しします。

わたそのお店がオープンした時に
配布したのは5万部です。

5万部配布して、オープン3日間で
1000人以上が来店してくれました。

延べ人数だと2000人ぐらいです。
チラシの反応率は4%です。

オープンなので、
かなり効果がありました。

2000人も来たなんてすごい!
って思うかもしれません。

しかし、実際に購入したのは
200人ぐらいです。

購入ベースで考えると
反応率は0.4%です。

何を言いたいかというと、
配布した枚数は5万枚だということです。

もしこれが5000枚だった場合
4%で200人
0.4%で20人です。

1000枚だった場合
4%で40人
0.4%で4人です。

これはかなりいい場合の数字です。
5000枚配って10人しか来なかった。
1人単価1500円で15000円の売り上げ。
チラシ印刷と配布で10円だった場合
5万円かかったことになります。

これは、成功か?失敗か?

極論的には
成功でも失敗でもOKです。

実践することが大切です。
その上で、5万円の費用を回収するために
何をするべきなのかを考えます。

1.もっと反応率のよいチラシにする
2.客単価を上げる
3.リピートさせる

これを繰り返すことによって
チラシの効果が出ます。

しかしほとんどの人は
1回の配布で諦めてしまいます。
3、4回繰り返していくことで
効果が出ます。

何度も繰り返して試すことで初めて
チラシを配布した成果を調べたことになります。

1、2回配布しただけでは、
効果がなかったと否定するのはNGです。

ゴルフ練習行ったけど、
全然打てなかった。
これって、当たり前ですよね?

家に帰ってからゴルフレッスンの本を読んだり
テレビを見たりして研究して、
フォームを鏡で確認して、また練習に行きます。
それを何度も繰り返していくうちに
うまくなって行くんです。

スポーツと経営はよく似てます。

物販も同じです。
1回販売してみてダメだった。
と諦める人が多いです。

チラシと一緒で何度も繰り返して
販売することで効果が出ます。

1.商品の個数
2.商品の内容
3.ディスプレイ
4.金額設定

これらを見直すことによって
どんどん売れるようになります。

一度売れるようになれば
常に売れるようになります。

チラシの配布と同じです。

昨日、東京は新型コロナウイルスの
新規感染者数が48名でした。
2日連続40名越えです。

また増えて、自粛になったら
と考えると恐ろしいですね。

今回の新型コロナウイルスで
売上が落ち込まず、休業要請もなかったのは、
持ち帰り弁当、そして小売です。

ネット注文が殺到し、宅配便は
手が回らないほど忙しい状態でした。

一つの業種で生き残るのは
とても難しい時代になりました。

今のうちに新しい売り上げの方法を
確立できるようにしておきましょう!

頑張っていきましょう!
ONE TEAM!

-売上アップ術

Copyright© 副業物販・プラス物販を提案する【物販ハイスクール】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。